忍者ブログ

fahwoeiruo

夫婦が円満になるとは「家の中のものはできるだけ共用する

婦が円満になるとは「家の中のものはできるだけ共用する」という考えを持つことです。

共用できるものは、多ければ多いほどいい。

経済的だからです。

すべてのものを、夫用と妻用とで別々に分けたとします。

単純に考えると、費用が2倍かかりますね。

夫婦であるにもかかわらず、境界線を引っ張っている印象が強くなります。

何かお互いが反発し合っている。

夫婦なら、家の中のものはできるかぎり共用していくことをおすすめします。

これは夫婦円満のポイントの1つです。

夫婦で共用しようとする意識が薄いと、別居に至り、最終的に離婚につながりかねないからです。

大げさな展開と思うかもしれませんが、一因として考えられます。

これはなぜでしょうか。

段階的に流れを追って、考えてみましょう。

 

たとえば、冷蔵庫の中にあるものは、夫用と妻用とで別々にするとします。

夫婦であるにもかかわらず、夫も妻も頑固になり、自分のものだという意地を張ります。

すると、1つの冷蔵庫には夫用と妻用とで、同じものが2つずつ入ることになりますね。

現実的に考えれば、どうでしょうか。

すべての食材を夫婦で別々にすると、2人分を1つの冷蔵庫に入れることになりますから、冷蔵庫はすぐいっぱいになるでしょう。

その結果、冷蔵庫を2つ買うことになります。

冷蔵庫が2つになると、場所が2倍必要です。

その結果、部屋が狭くなります。

部屋が狭くなれば、今度は部屋も、2人分で別々にする。

極端に言えば、住んでいる部屋でもそうです。

1つの家では狭いので、家を別々にして別々に住むようになる。

すると、ほら「別居状態」の出来上がりです。

夫と妻とで家を分けるなら、結婚する意味はありませんし、独身で十分です。

「別居状態のほうがいい。別居状態のほうが楽だ」と言うなら「離婚しましょう」ということになりますね。

こういうことです。

仲が悪くなり始めた発端はどこでしょうか。

そうです、シアリス 通販夫婦のものを別々に分け始めたところですね。

「夫婦で共用」という意識や覚悟が薄いからです。

結婚しているにもかかわらず、夫のものと妻のものとで分けるのは、不経済であり、場所も2倍取られ、夫婦らしくありません。

1つのアパートをルームメイトとシェアしている状態と、さほど変わりません。

形式上では、結婚しているが、心の中はまだ独身気分。

別々に分けることは離婚の原因になります。

もちろん例外として、歯ブラシや趣味のものなど、夫用と妻用とで分ける必要があります。

 

しかし、ほんの一部です。

威哥王基本的に家の中にあるほとんどの物は夫婦共用にしたほうが、夫婦生活はうまくいきます。

その覚悟、その認識、その理解を、夫婦共に分かち合うことです。

結婚式で誓い合ったはずです。

「これからはお互いに協力し合って生きていく」と。

役所に婚姻届を提出したはずです。

これからは、夫婦が同じ所在地で、一緒に生活していくと。

それはどういう意味なのかというと「夫婦共用」ということなのです。

PR

コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

カテゴリー

P R